2015年7月25日土曜日

ベリーズ旅行日程

2015年5月に行ったベリーズの旅行日程です。
今思えば、ベリーズとガテマラちょっとに10日かけた、ゆとりある贅沢な休暇でした。
ベリーズのどの遺跡を見に行くかを決める際に、4travel.co.jpに載っていたごんじさんのブログを参考にさせていただきました。

滞在日
AM
PM
滞在先
1日目

22:45 ロサンゼルス国際空港 チェックイン
スターアライアンスで、米国内での乗換えをしなくてすむAviancaを利用。
(米国内で乗り換えを海外からすると、一番最初に着いた空港で入国手続き、預けていた荷物をピックアップ、国内線ターミナルへ移動、そこでまた荷物を預けて尚かつセキュリティーを通過しなくてはいけないので、かなりの時間ロスになる。)
機内
2日目
1:00 搭乗
1:35 サルバドアへ出発。
着陸約一時間前に朝食が配られる。
8:40 サン・サルバドルからベリーズ・シティー国際空港へ。
11:30 ベリーズ・シティー国際空港からサン・ペドロ空港へ。船で行く方法もあったのですが、ベリーズの治安を考慮した結果、空港から外に出るのを避けるため、空路を選びました。
12:00 サン・ペドロ空港到着。タクシーでホテルまで移動。
12:30 Mayan Princess Hotelにチェックイン
13:00 シャワーで汗を流してお昼寝。
16:30 ホテルに手配をお願いしていたツアーなどをホテルの方と一緒に見直し。お勧めのレストランやツアーも教えて下さいました。
17:30 水と食料を手に入れるために近くのスーパーへお買い物に行く。
18:30 Carambaでちょっと早めのディナー。
サン・ペドロ
3日目
6:30 起床
7:45 お隣さんのレストラン(Lilly's Treasure)で朝食。
8:30 Tropical Airでブルー・ホールを上空から見る遊覧飛行に参加。
10:00 ホテルにいったん戻る。
12:00 ホテルの部屋で持参したカップヌードルをいただく。ビーチの前で食べるといつもより美味しく感じる。








13:30 Amigo del Mar(ダイビングショップ)で翌日のブルー・ホールのダイビングに備え、リフレッシュコースを取る。足が着く浅瀬でボンベとマスクを取って付ける練習を終了後、もっと深いところへ。イルカを五頭見かけました。
19:45 スコールが通り過ぎるのを待って、Elvi's Kitchenで夕食にする。
サン・ペドロ
4日目
5:00 起床
5:30 ブルー・ホールにダイビングに行くAmigo del Marのツアーに参加。パン、果物などの朝食を出してくれました。
6:10 出発
ひどい船酔いに合いながら、
9:00 頃ブルー・ホール到着。(船酔いで気分が悪く、あまり覚えていない・・・。)
10:15 次のダイビングスポットへ出発。
12:00 Half Moon Caye Natural Monument到着。ビーチでお昼を食べて、自由行動。園内を散策する。
13:00 サンゴ礁たっぷりのHalf Moon Caye Wallと呼ばれるところでダイビング。
15:00 頃、魚が多く見られる為、通称「アクアリウム」という別の場所でダイビング。
17:30 ホテルに戻る。
19:00 ダイビングで知り合った人と一緒にBlue Water Grillに夕飯へ。
サン・ペドロ
5日目
7:00 ラマナイ遺跡ツアーに参加。ホテルの前にあるデッキに迎えにきてもらう。16:00 ホテル着。
ボートの上で何時間も風にあたったせいか、熱が出てお腹を下す。持参した薬を飲んでとりあえず寝る・・・。夕飯は自宅から持って来ていたカロリーメイト。
サン・ペドロ
6日目
9:00 Hol Chanへスキューバダイビングとシュノーケリングツアーに参加。


ダイビングで無理をしたせいか、また発熱と下痢。ホテルに戻っておとなしく寝る。
14:30 空腹に耐え切れず、お隣の(Lilly's Treasure)で遅めのランチ、と夕飯になりました。
ホテルに戻ってひたすら寝る・・・。
サン・ペドロ
7日目
まだ微熱があるなか、荷造りとチェックアウト。
10:45 ホテルからタクシーでサン・ペドロ空港へ。
11:00 サン・ペドロ空港からベリーズ・シティー国際空港へ。飛行機を乗り換えてサン・イグナシオへ。搭乗客は私のみ。
11:55 サン・イグナシオ着。
12:20 Windy Hill Resortホテル着。
12:55 ホテル内のレストランでランチ。
13:35 シュナントニッチ遺跡のツアーへ出発。
16:30 ホテルに戻る。
Mayan Princess Hotelに忘れ物をしたので、Windy Hillのロビーで電話をお借りして、Mayan Princess Hotelの方にサン・イグナシオ空港まで着払いの航空便で届けてもらう手配をする。(ホテルの方が親切で助かりました。)
18:15 ホテルでお夕飯。
サン・イグナシオ
8日目
7:00 グアテマラにあるティカル遺跡へ出発。ツアー会社の方にホテルまで迎えに来てもらう。
7:20 国境を渡る。

8:40 お土産屋さんでトイレ休憩。
9:15 ティカル遺跡着。
14:30 ティカル遺跡に向かう途中で、トイレ休憩に寄ったお店でランチとお買い物。
17:00 ツアー終了。
空港へMayan Princess Hotelから送ってもらった忘れ物を取りに寄る。送料BZ $6.00なので助かりました。
19:00 ホテルでお夕飯。
サン・イグナシオ
9日目
7:00 カラコル遺跡へ出発。ツアー会社の方にホテルまで迎えに来てもらう。
8:40 遺跡への途中、洞窟へ立ち寄る。
10:20 カラコル遺跡着。


13:50 ランチ。
15:30 Rio on Poolsに寄る。
ランチで使わせてもらったスパイスソースMarie Sharp'sを買うために、ガイドさんにスーパーに寄ってもらう。
17:15 ホテル着
19:00 ホテルでお夕飯。
サン・イグナシオ
10日目
8:00 ATMツアーに参加。
前夜に殺人事件があった為、交通渋滞でガイドさんが遅れて来る。
9:50 洞窟へ行くトレイルの駐車場着。
14:00 ランチ
15:55 ホテル着
19:00 ホテルでお夕飯。
サン・イグナシオ
11日目
8:15 ホテルの送迎バンでサン・イグナシオの空港へ向かう。
9:00 ベリーズ・シティー国際空港へ。
9:30 空港内にあるお土産屋さんで、お土産用の小さいボトルのMarie Sharp'sのソースを購入。預ける荷物に入れて、Aviancaにチェックイン。

12:15 サン・サルバドルへ。
15:05 ロサンゼルス国際空港へ。
19:30 ロサンゼルス国際空港着。何かの理由で着陸できなかったらしく、空の上で迂回したので予定より少し遅れての到着となりました。
自宅

2015年7月18日土曜日

ティカル遺跡(グアテマラ) / Tikal National Park (Guatemala)

ベリーズのサン・イグナシオから国境を越えてすぐ、隣国のグアテマラにある遺跡。「地球の歩き方」によると、グアテマラ最大の見所。ユネスコの世界遺産に登録されています。

ATM洞窟ツアーと同様、滞在していたWindy Hill Resortにお願いして、ツアーをお願いしました。
ガイドさんが私の入園手続きをしてくれています。

ほとんどのピラミッドは上まで登ることができます。

こうしてみると結構急な段差。

発掘された石像をきれいにしているところ。

IV号神殿
遺跡入り口から一番奥にある神殿。木に囲まれてるので、全体像を見るのは難しい。
もちろん、上まで登れます。

先ほどのピラミッドとは違い、ここは階段が別につけられていました。

神殿てっぺんからの景色。登る価値あり。

失われた世界
と、「地球の歩き方」に書かれてあった場所にある神殿。

名前は分からない、か付けられていない神殿。
「まだまだ復元、修復されていない遺跡がたくさんあるんだよ」とガイドさんが説明してくれました。熱帯地域の特徴で、何もしないとすぐに草や木で覆われてしまうらしい。

I号神殿
この遺跡のハイライト(だと思う)。高さ47メートルもあります。

II号神殿
I号神殿と向かい合わせに建つ。
ガイドさん曰く、I号が王様ならII号は王妃様らしい。ピラミッドの裏に上まで登れる階段があります。

II号神殿の上からの眺め。

遺跡出口へ向かいます。

裏道?

この辺りは元のままの遺跡が残されているらしいです。



言われてみれば、年期が入ってるように見えますね。

遺跡内で見つけた木々。




しぼんだ風船の様なものは、鳥の巣らしい。

遺跡で飼われてる(と思われる)蜘蛛。手のひらに納まるサイズくらいの大型。

地面に緑色の物体が動いていると思ったら、蟻が葉っぱを運んでいました。この葉っぱ、人間も食べれるらしい。

おみやげ

行きにトイレ休憩に寄ったお店に、帰りにまた寄ります。ツアーにお願いしていたせいか、お土産を買えそうな場所はここだけでした。

粋なディスプレイ。

ガイドさん曰く、グアテマラの翡翠(Jade)は質が良いらしい。

他にはグアテマラオーガニックコーヒーなども人気商品らしいです。
クレジットカード使えました。

ランチ

左:グアテマラを代表するビール
右:トルティーヤとスープ(トルティーヤを包んでる布が可愛くて、お土産用に購入)

左:トルティーヤにチョコレートソースをのせて。(私の口には合わなかった。)
右:毎日の様に食べている定番ランチ。鶏肉をソテーしたものと、ご飯と野菜

持っていると便利!

  • 傘とカッパ:にわか雨に合いました。降っている時間は短いのですが、カメラやリュックをあまり濡らさない為にもあると便利
  • タオル:にわか雨に遭う為
  • ジップロックとビニール袋:上と同じ理由
  • 虫除けスプレー:日本のだと効かない恐れがあるので、なるべく北米か南米で買うとよし
  • 帽子、サングラス
  • 歩きやすい靴とお水:遺跡内、結構歩きます。
  • 補助食品:ツアーでの昼食は14:30と遅め、朝も7時発と早いので小腹が減った時用に。

滞在場所:サン・イグナシオ
訪問日:2015年5月28日

2015年7月11日土曜日

サン・イグナシオ(ベリーズ)/ San Ignacio (Belize)

ガテマラにあるティカル遺跡と、ベリーズのカラコル遺跡に行く為に滞在。ベリーズ・シティからバスも出ているそうですが、私は手っ取り早くセスナで移動。

周りは熱帯雨林。

サン・イグナシオ空港
今まで使用した空港の中で、一番小さかった。セキュリティーチェックなし。


外でのんびり待つこともできる。

もちろん、搭乗客わたし一人。

なので、機長さんの横に座らせてもらいました〜。これも貴重な体験。

スーパーマーケット
カラコル遺跡ツアーの帰りに、調味料、飲み物、お菓子、を買う為に寄ってもらいました。
New PK Super Store

ベリーズを代表するスパイスソース、Marie Sharp's。自分用とお土産用に何個か購入。(日本でも買えそうです→ウェブサイト
海藻ジュース、バニラ味
海藻と言えばワカメの様な味を想像しますが、このジュースはカルピスのような舌感で、バニラ味。
体に良いので、お試しあれ。








プランテインチップス
ちょうどいい塩加減で美味。

宿

Windy Hill Resort & Tour Company <ウェブサイト>
サン・イグナシオの町中心部からは離れていて、周りに何もありませんが、レストランもホテルにあるし、ツアーもホテルまで迎えに来てくれるので、不便は全く感じませんでした。

メインオフィスとその中にあるお土産屋。

いかにもジャングルに来ました、という風情を楽しみたかったので、部屋はコテージをチョイス。

部屋のWiFiが弱かったのと、部屋に冷蔵庫がなかったのが難点でしたが、清潔感、サービスは◎。WiFiはバーでなら良くつながりました。

レストラン

ホテルの敷地内にある。天井が高くて、涼しい。


無性にフレンチフライが食べたくなったので、ハンバーガーとポテトをオーダー。

ティラピアと川で捕れる白魚


 朝食はツアーのバンの中で食べたかった為(ただの寝坊とも言う)、パンケーキとソーセージをボックスに入れてもらいまいた。

滞在日:2015年5月27日〜31日