2015年6月13日土曜日

ラマナイ遺跡(ベリーズ) / Lamanai Archaeological Reserve (Belize)

ベリーズにある最も大きなマヤ遺跡の一つ。寺院に人の顔の彫刻があるのが特徴的で、一目見たいとサン・ペドロから出ているツアーに参加しました。お願いしたツアー会社はSeaRious Adventures

朝7時、ホテルの前にあるデッキにボートで迎えに来てくれる。

ツアー参加者は全員ボートでお迎え。
移動中に朝食を出してくれました。
オレンジジュースと、パンに鶏肉と豆料理が挟まったもの。豆料理が苦手な私には向かない味。

マングローブ。

途中、マナティー発見。中央グレーのもの。本当にマナティーだったのか分かりかねますが、撮影。

ボートから降りてバンで移動。

いかにも南国。沖縄にもこういうお花がたくさんあったなぁ。

バンで移動後、違う川をまたボートで移動。
移動中、ソーダ(缶ジュース)かビールを一本もらえました。もちろんベリーズの代表的ビール、Belikinを頂く。

色がきれいな鳥や、クモザルを途中で見かけました。サルは餌を与え慣れていて、ボートを止めると寄ってきました。ガイドさんがオレンジなどを与える。

遺跡に着いたのは、出発から約4時間半後のお昼近く。
早速、腹ごしらえ。
メニューは鶏肉、豆と一緒に炊いたご飯、マッシュポテト。他のツアーに参加しても大体似た様なメニューだったので、ベリーズの定番弁当・料理かもしれない。

Mask Temple
人の顔を型取った彫刻(復元)が付いている寺院。


寺院の上に登れます。

High Temple
名前の通りラマナイ遺跡の中で一番高い寺院。高さ33メートル。

 寺院の上まで登れます。

上からの景色。

寺院の上からは遺跡周辺のジャングルも見渡せる。

Jaguar Temple
ジャガー寺院


寺院の下の部分にジャガーの顔をした彫刻が両サイドにある。

向かって左側のジャガー。日本のお祭りに使われる獅子のお面みたい。

帰路、ガイドさんの奥さんが作ったというココナッツタルトを頂いた。ラム酒をかけると美味しいと言われ、トライ。

自然のマンゴーの木から、食べごろなのを選んでガイドさんが採ってくれました。


マンゴーとラム酒入りフルーツポンチで乾杯。
なんだかアルコール分の多いツアーでした。

海で泳ぐ時間も作ってくれました。
お酒を飲んだ後でも泳ぐ。ベリーズ流?
私は水着を用意してこなかったので、ボートで待機。残念。

おみやげ

遺跡内のお土産屋さん。

全員右を見ている人形。

あったら便利!

  • ウィンドブレーカー:ボートの移動で、数時間風に当たっていたせいだと思うのですが、ツアーの後発熱しました。薄手の長袖など風から体温を奪われないようなものが一枚あると便利
  • 虫除け:海辺の周辺には蚊はあまりいませんでしたが、遺跡のあるジャングルは刺されます。
  • サングラスと帽子
  • スイスアーミーナイフ:マンゴーの皮を剥くのに役立った。
  • 水着:海で泳ぐチャンスがあるかも。

滞在場所:サン・ペドロ
訪問日:2015年5月25日

0 件のコメント:

コメントを投稿