2014年10月25日土曜日

モニュメントバレー(アメリカ合衆国) / Monument Valley (USA)

モニュメントバレーは、アメリカといえば必ず出てくる景色の一つだと思います。アリゾナ州とユタ州の州境にある。飛行機でのアクセスは(ほぼ)なく、自分で行くならラスベガスか、フラグスタフまで飛行機で行ってレンタカーで行くのがてっとり早い。

みどころ

Three Sisters(三姉妹)

The Hub

今にも落ちてきそう・・・。

The Cube
大きさ、分かります?

広大な景色が続きます。とにかく焼けるように暑い!

アーティストポイント(Artist Point)

ノースウィンドウにある”親指”と名付けられた岩。

アーティストポイントに劣らない、ノースウィンドウからの眺め。
お土産屋さんがある。


ビジターセンター

先住民が使っていた衣装や道具が展示されてある。

日の出

日の出の見学は人気。この日は観光バスが二台も来ていました。

夕方。ちょっと曇っていたのが残念。

いわゆるサボテンらしいサボテンは見かけませんでした。砂漠らしいと思った草木のワンショット。

ちょっと足をのばして

モニュメントバレーの公園に北から向かうと、ず〜っと続く道路の先にモニュメントバレーが見えるところがあります。下の写真は公園から約30分北に向かったところ。

グールディングス博物館 / Goulding's Museum
モニュメントバレー公園から出て道路を挟んで反対側にある。ちょっと昔の生活感を見ることができます。(ウェブサイト


モニュメントバレーで撮影された映画のポスターが展示されていたなか、日本語のものを発見。



グールディングス・ロッジ / Goulding's Lodge
宿泊施設、レストラン、お土産屋さんがある。(ウェブサイト

Mini Navajo Taco ($8.99) - ナバホタコスをトライ。小さいバージョンですが、ボリューム有り。私は豆と辛いのが苦手なので別のお皿に入れていただきましたが、本当だったら、タコスの上にかかっています。パンがもちもちしてておいしかった。

お水のポットをテーブルに置いてくれる。お土産屋さんで似たようなポットが売っていました。

宿

The View Hotel:モニュメントバレー公園内にあるホテル。ホテル内にレストランと売店があるので便利。朝、夕、夜のモニュメント・バレーを楽しめる。

部屋からの眺め。

ダイニングルーム。

アメリカの定番な朝食。コーヒーだけおかわり自由。

あれば便利!

  • サングラス:これがないと運転が大変です。
  • 日焼け止め:日焼け止めを塗っていても焼けるくらい日差しが強い。本当に焼けたくない方は傘をさすのも手。
  • 綿棒:乾燥しているし、砂が飛びかってるので耳がかゆくなりました。
  • 運転用手袋:日差しが強い中運転をするので、日焼け止めを塗っていても、左腕・手の方が日焼けしてしまいます。あと、ハンドルが握れないほど熱くなったりします。
  • マスク:砂埃が苦手な方。

訪問日:2014年6月30日、2009年9月19日、2003年8月、2002年8月

0 件のコメント:

コメントを投稿