2014年11月8日土曜日

アンテロープキャニオン(アメリカ合衆国) / Antelope Canyon (USA)

アリゾナ州とユタ州の境にある、ページ(Page)という町にあるアッパー・アンテロープキャニオン。

訪れるならツアーに申し込むこと。私がお願いしたツアー会社はAntelope Canyon Tourというところで、今まで3度もお世話になりました。1度目と2度目は11:30AM出発のSightseer's Tourに参加。3度目も同じ時間で、2時間キャニオンにいられるExtended Tour(Photographer's Tour)に参加しました。最高12人までなので、少人数でのグループ行動ができます。三脚を持参してじっくり写真を撮ることができたり、ガイドさんが人をよけてくれるので、人が入っていない写真も撮ることができます。


Extended Tourだとバンでキャニオンに向かいます。
Sightseer's Tourだとトラックの荷台を改造して人が座れるようにしたような車で行きます。
(窓の向こうに見える小さい青いものがそれ。)

キャニオンの入り口。

入り口入ってすぐ入り口側を振り返って見たところ。ろうそくの火の様に見えることで有名(らしい)。



ガイドさんが砂を流してくれました。


太陽が上にくる時間だと、こんな風に見えます。


手で引っ掻いた跡のような模様。

スムーズな面のアップ。

キャニオンの出口。ここからまた入り口の方へ戻ります。ガイドさんに写真を撮ってもらうチャンスはここ。帰り道はほぼ自由行動でした。

あれば便利!

  • マスク:まるで砂漠の様な地面を車で移動します。鼻が詰まらなくていいかも?
  • たためる帽子:キャニオンの中はそんなに日差しが強くないです。私は写真をとる時邪魔だったので、リュックの中に閉まっていました。
  • 綿棒:耳がかゆくなるので。

知っているとお得!・・・かも?

  • 7月4日はご存知の方も多いと思いますが、アメリカ合衆国独立記念日です。9月の最初の月曜日はLabor Dayという祝日。その前後は空港券、ホテル、ツアーなどが混みます。早めに予約をとりましょう。
  • ツアーのトラックに搭乗するのは予約時間の約10分前。その前はチェックインする人達で混みます。10:30AM頃に行って、お昼を周辺のSubwayなどで済ませると時間短縮になります。
  • ツアーガイドさんが親切だったら、チップを忘れずに。
  • 周辺のアリゾナ、ユタ州の街では夏時間を採用しているところとされてないところがあります。PageやGrand Canyonは採用されていません。「地球の歩き方」に参考になる地図がありました。

おまけ

Antelope Canyon Toursのお隣にDam Outletというお店があります。アメリカらしいファッションの洋服、小物があるので是非訪れてみてはいかかでしょうか。

アウトドアの洋服・帽子・靴も揃えてあるので、ハイキングに行く予定で装備を整えたい方にも良い場所になると思います。

滞在先:ユタ州カナブ

訪問日:2014年7月2日、2009年9月18日、2002年8月

0 件のコメント:

コメントを投稿