2014年7月5日土曜日

マチュピチュへの列車(ハイラム・ビンガム) / Train to Machu Picchu (Hiram Bingam)

クスコ郊外にあるポロイ駅からマチュピチュ村を結ぶ列車。マチュピチュを発見したビンガムさんの名前にちなんだ高級列車。
お値段が張るので片道(行き)のみ乗車してみました!(2014年6月時点でUSD 397.50)


ポロイ(Poroy)駅。


ウェルカムドリンク。

民族ダンスとミュージック。
お願いすれば一緒に写真を撮ってくれます。
豪華車内!

 列車後方にあるバー。アルコールドリンク込み!

バーよりも後方にある、バルコニー付き車両でライブミュージック♪

山を越え、谷を超え~

途中、オリャンタイタンボ駅で停車。この駅から乗車する方がいました。

オリャンタイタンボ駅を後にしてブランチタイム。
まずはワイン!
ペルーの白ワイン、Tacamaをセレクト。

ハイラム・ビンガムロゴ入りのグラス。欲しかったけど売っていませんでした。

スモークサーモンの前菜。

ツナのメインディッシュ。

デザートはレアチーズケーキ。

ここでガイドさんから駅に着いたらそのままマチュピチュ遺跡に行くことを知らされる!朝からシャンペン、ピスコサワー、ワイン、と飲みまくっている私はここからお水を飲むことに・・・。

途中、インカ道トレイルの橋を目撃。
インカ道トレッキングのブログを見つけたので、ご参考までに。

マチュピチュ駅着!

チケットに含まれていたのは、
  • ウェルカム・ドリンクとバーでのドリンク
  • パン
  • ブランチ
  • 生演奏
  • 列車内での英語ガイド
  • かばん(機内持ち込み用にちょうどいいサイズ)
  • ハイラム・ビンガム列車のパンフレット
  • マチュピチュ駅からホテルまでの荷物運送(泊まるホテルのボーイさんが取りに来てくれた)
  • ハイラム・ビンガム乗客者用の待合室(マチュピチュ駅)

マチュピチュ駅についてからそのままマチュピチュ遺跡に行くことは「地球の歩き方」にも書いてなく、想定外の展開・・・、知っていればもう少し荷軽に、歩きやすい格好で行ったのですが。。。

チケットの購入はPeru Railで。

私が購入した時は、クレジットカードの情報を入れたあとエラーメッセージが発生。「別のチケットを買って下さい」というようなメッセージが出たのにも関わらず、数日後にEメールで代金を支払う申し込み用紙が届きました。同じ様なエラーがでたら、数日待ってみて下さい。

マチュピチュへの列車には、ハイラム・ビンガムに限らず、機内持ち込み用サイズくらいの荷物と手荷物用のバッグしか持ち込めませんので、ご注意。

乗車日:2014年5月26日

0 件のコメント:

コメントを投稿