2014年6月28日土曜日

インカの聖なる谷(ペルー) / Sacred Valley of the Incas (Peru)

クスコ市街の近郊、インカの聖なる谷にある遺跡たち。一つ一つの遺跡が離れているので、ツアーで行くと効率良く回れると思います。私は数あるツアー会社を検討して、インカ大地旅行社(Tierra de Inkas)にお願いしました。貸し切りで時間に縛られず、良かったです。

谷とウルバンバ川を一望。クスコからピサックに行く途中だったと思います。

みどころ

オリャンタイタンボ / Ollantaytambo
昔、マチュピチュに行く人たちが休憩した村。
前方に見える段があるところで、神様にお供えする穀物を作っていたそうです。

近くでみると一段が高い。

上にある太陽の神殿に続くはずだった道。残念ながら未完成のまま。

お供え物をおくところ。

太陽の神殿、になるはずだったところ。


遺跡の下には宿、村が広がる。


マラスの塩田 / Salineras de Maras
マラス塩田へ行く途中、麦畑が広がっていました。



約15日かけて結晶化します。

どアップで撮ると。。。

チンチェーロ / Chinchero
この中で一番標高の高い、3762mにある。
私の高山病による頭痛はここがピークでした。訪れる方は、無理せずにゆっくり歩きましょう。



村の人が民芸品を作っていました。

自分の体より大きい荷物を持っている少年。何段も石段を上ってすごい。

サクサイワマン / Sacsayhuaman
この中で一番クスコ市街に近い遺跡。「地球の歩き方」を見るとアルマス広場から徒歩20〜30分程で行けるそうですが、タクシーなどを利用したほうが良さそうです。


左の石がモアイに見えて仕方ない・・・。なんと5メートルもあるらしいです。


リャマの子どもと民族衣装を着た女の子たち。一緒に写真を撮ってもらいました。
一緒に写真を撮ったらチップを忘れずに。

ピサック市場 / Pisaq



カラフルな小物がたくさん。

ランチマットの周りに毛糸で飾りをつけていました。

買い物客は地元の人がほとんど。民芸品以外に野菜も売られていました。


でかい!

おみやげ

マラス塩田といえば塩!
写真左から:手作りの袋が付いてくる塩、一番軽く小分けされていた塩、入浴剤になる塩。

入浴剤はこの大きさで4〜5回使えるそう。薬草(?)らしきものが入っていて、、使用後の浴槽の掃除が大変そう。あまり自宅には向かないかもしれません。私はお茶っ葉ポンに入れて、ホテルの浴槽で使っていました。

陶器類



お食事処

は、ウルバンバという町にあるEl Maizedというレストランで。ビュッフェスタイル。

ランチはツアー代金に含まれていました。

訪問日:2014年5月25日

2014年6月21日土曜日

ディナー・ショー(クスコ) / Dinner Show (Cusco)

インカ大地旅行社(Tierra de Inkas)のガイド、ファオさんにすすめられてDon Antonioのディナーショーにやってきました。

竹笛のお兄さん、カメラ目線を何度もくれました。CDもUSD 15.00で売ってます。

お面が本気で怖い民族衣装。


スペインの影響ですね。

腰からぶらさがっている布に火を点けるゲーム。

点けられたので、消すシーン。


どこかのアイドルのよう。。。

ディナーはビュッフェスタイル。飲み物は別。


もちろんピスコサワーをいただく。
テーブルにお客さんの国の国旗をおいていました。

お値段はUSD 30.00。ファオさんに予約をとってもらったので、予約代も含まれていたと思います。

場所:Santa Teresa 356












鑑賞日:2014年5月24日

2014年6月14日土曜日

クスコ(ペルー)/ Cusco (Peru)

マチュピチュへ行くなら立ち寄る街、クスコ。リマから飛行機で約1時間半。アルマス広場を中心にレストランとおみやげ屋さんがある。クスコ郊外にも遺跡がたくさんあるので、ツアーなどで行くと効率良く回れると思います。今回はクスコ市内を紹介します!

みどころ

アルマス広場 / Plaza de Armas


噴水の上に立っている像は、インカの王様(だと思われる)。

左がカテドラル、右がラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会。

夜もキレイ。


カテドラル / Catedral




繊細な外壁。

厳重な扉。


入場料25.00ソル。中は撮影禁止だったので、写真を撮りませんでした。内部はさすが世界遺産!という感じなので、是非足を運んでみて下さい。

ラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会 / Iglesia de la Compania de Jesus



2階のベランダからの眺め。


入場料10.00ソル。ここも中は撮影禁止。
綴りを見て気づきましたが、ヘススとはジーザスのことなんですね。

サン・クリストバル教会 / Iglesia de San Cristobal



高台に位置しているので、クスコの街が見渡せる。


地図で見ると歩いて行けそうな距離ですが、こんな坂道を登ってこなくてはいけないので、車で行くことがオススメです。

サント・ドミンゴ教会 / Iglesia de Santo Domingo



「地球の歩き方」によるとかつてはインカの太陽の神殿だったそうです。

アルマス広場周辺以外は、インカ大地旅行社(Tierra de Inkas)でお願いしたクスコ市内ツアーでまわりました。時間節約と、クスコに着いた日にあまり動きたくなかったので。ツアーガイドのファオさんは優しくて気が効くし、あまり体力を消耗せずにクスコ市内のメジャー・ポイントを見ることができたので、お願いして良かったです。

おまけ

ラ・メルセー教会院 / Iglesia y Convento La Merced

インカの王様は全部で14人。街のいたるところに王様の像があります。
丘の上に、

街の中にも!

14角の石
地図を頼りに行ってはみたものの、全然見つからない(泣)。。。観光している人が多い昼間に行くべきでした。(写真はこの辺だよ~と通り過ぎる時に車の中から撮ったもの。一番上の列の切れてしまっている石が14角っポイ?!)

民族衣装をまとった女性達。
あのスカート欲しいな〜。

中央市場 / Mercado Central
客層がほとんど地元の人のように見受けられました。朝8時から夕方4時までやっているそうです。
屋台のようなお食事処。

焼き物のおみやげ

ガイドのファオさん、スカートを見つけてくれました!
クスコとマチュピチュで装着。民族衣装を着ていた観光客は私だけだったので、注目度大!でしたね。

Muy Rico(美味)!

Pucara:Calle Plateros 309。アルマス広場に面している角のところにある。
ガイドのファオさん一押しのお店。お店の中はほとんど日本人!というくらい日本人に(も)人気。それもそのはず、メニューは写真と日本語付きなのでわかりやすい。

お店の人の愛想はあんまり。。。



ピスコとミルクのお酒。







(左):マスのトマトソース和え。(右):味はチキンカレーのよう。


Limo:Portal de Carnes 236

そろそろペルー伝統料理以外を食べたくなってきたので、ペルー料理を現代風にアレンジしたお店へ。お値段はちょっと高め。のせいか、客層は年配のヨーロッパ系が多かったです。

落ち着いた雰囲気の店内。窓側の席からアルマス広場を見渡せます。窓側の席は人気があるので、事前に予約をしておくことをオススメします。

シトラス系のピスコのカクテル。左は白ワイン。

セビッチェ

お寿司もある。
私は生の魚を食べるのに抵抗があったので、旅友がチャレンジ。(お腹をこわさなくて良かった。)
心配性な私はチーズコロッケらしきものをいただく。
メニューの説明だとサイドサラダがついてくるはずだったのですが、、、もしや左側の葉っぱのこと?!

入り口がちょっと分かりにくいのですが、アルマス広場に面していて、マクドナルドのちょっと右横にある看板を目印に建物奥にはいると、2階へ行く階段があります。


おみやげ

クスコへ来たらぜひオーダーメードの靴を作ってくれるお店AWAYへ!
いただいた名刺によると、住所はTeqsecocha No. 426 & 596。(お店が2つあるのでしょうか。。。)アルマス広場からそう遠くないです。

インカ大地旅行社のガイドさん、ファオさんに連れてきてもらいました。お店の人にあまり英語が通じなかったのでとても助かった・・・。

たくさんあるサンプルから自分が欲しい型を選びます。

ブーツが人気(?)



生地を選んで、どのように作って欲しいか注文します。


靴のサイズを決めて、足の形をとってもらいます。

完成するまでだいたい3日はかかるとのこと。私は三日後にはマチュピチュにいるため、完成品はガイドのファオさんに取りに来てもらって、マチュピチュからクスコに帰ってきた日に同じインカ大地旅行社でお願いしていた送迎サービスで受け取りました。

完成品!(50ソル)仕上げは想像通りで大満足♪

アルパカ製品
高級で、普段着れそうな商品が多くおいてあるのはクスコだと思いました。クレジットカードを使えるお店も多い。

Andean Shop:Calle Santa Teresa 321
お店の前にあるかわいいアルパカ(かリャマ?)につられて店内へ。
中央テーブルの20%セールが気になる!


右はベビー・アルパカのマフラー。20%オフで110ソル。
左のピンクのショールは、他ではあまりみかけなかったベビー・アルパカとシルクがブレンドされた生地で、チクチク感が少なめ。二つ買うので交渉して、210ソル。

高級ブランド店、だと思います。(写真はクスコの空港内のお店。)私の格好がお金を持ってない様に見えたのでしょう、お店の人は全然相手にしてくれませんでした・・・。
そんな店員さんの態度にもめげず、気に入ったものは買います!タッチパネル製品を多く使うので、指の部分が空いた手袋をゲット。確か120ソル。Andeanで買ったマフラーより高かった。。。
アルパカとリャマの人形

宿

Del Prado Inn
アルマス広場に近くて、WiFiがあり、Orbitzでそれなりに評価が良かったのが決めて。クラブがある通りに近い為、夜は部屋の位置によってはうるさいかもしれません。
部屋はシャンプー、リンス、石けん、ドライヤー付き。WiFiと朝食も料金に含まれていました。ロビーにはコカ茶(お湯とコカ茶の葉っぱ)と飴がおいてあって自由にもらえました。

ベッドは小さめ・・・。








Best Western
マチュピチュから帰って来た日に宿泊。空港に近い理由で選びました。ホテルから空港まではタクシーで15ソル。一見なんのホテルか分からない入り口・・・。
部屋はシャンプー、リンス、石けん、ドライヤー付き。私の部屋はバスタブはなく、シャワーのみでした。WiFiと朝食(なかなか充実している)込み。

ダイニングルームにコカ茶(お湯とコカ茶の葉っぱ)があって自由にもらえました。ダイニングルームにはマチュピチュのミニチュアが!


あれば便利!

  • 便座除菌シート:なぜか公共のトイレには便座がないところが多い。除菌するシートすらないところもあるのですが、旅行中持って来てたらよかったなぁ〜と思いました。
  • 防寒着:標高約3,400mをあなどってはいけない。私はフリースやホッカイロを持参しました。どうしても寒かったらアルパカ製品がたくさんあるので、現地で購入することもできます。
  • お茶、ティーバックなど:私が滞在したクスコのホテルにはコカ茶を淹れるようにお湯がおいてあって、24時間自由に飲むことができました。飲み水は買わないといけないし、コカ茶を夜飲むのはよくないし、と思って持参したカモミールティーで夜の水分を補っていました。
  • 現金(USドルかソル):アルパカ製品は品物によってはお値段がします。現金で買うと安くしてくれる場合が多いので、買う予定があるなら現金を多めに持参しましょう。
  • ケチャップ:じゃがいも料理が多いペルー、にも関わらずケチャップを置いていないお店が多い!ケチャップ好きな旅友は「持ってくればよかった〜」と何度も言っていました。

高山病対策

ガイドブック、インターネット、現地で集めた高山病対策は、、、
  • クスコに着いた日はあまり動かないで早く寝る。
  • 着いてそうそうコカ茶を飲む。朝食とランチ時に2杯ずつ。ちょっと渋いなぁと思うくらいの濃さで淹れて飲んでいました。
  • お水を飲む。尿と一緒に二酸化炭素を出すことに意味があるのだそう(インカ大地旅行社のゆたかさん談)。コカ茶が心配な方、ホテルにお湯がおいてあるのでティーバックを持参しても良いと思います。ちなみに私は夜にカモミールティーをたくさん飲みました。(個人的には、この対策が一番効果があったと思いました。)
  • 飴をなめる。
  • 炭水化物をとる。
  • 頭痛はしても、薬は飲まない。
  • お酒を飲まない、といいらしい。。。(私は昼と夜一杯ずつ飲んでいたので、この対策についてはノーコメント。)

訪問日:2014年5月24〜26日、28日