2013年12月14日土曜日

ケネディ宇宙センター (アメリカ合衆国)/ Kennedy Space Center (USA)

月面着陸をしたアポロ、日本人も宇宙に送り出したスペースシャトルプログラム。フロリダ州オーランドにあるその打ち上げ施設、ケネディ宇宙センター(KSC)を紹介します。名前はもちろん、1960年代中に人類を月に着陸させる宣言をしたケネディ大統領からきています。

チケット売り場
チケットはKennedy Space Center Toursでも買えます。

ロケットガーデン

スペースシャトルプログラムが終わったということで、初めて一般公開されることになったVehicle Assembly Building (VAB)(スペースシャトル組立棟)を見学できるツアー(Kennedy Space Center Up-Close Tour & Visitor Complex Admission)に参加しました。インターネットで買うと$6安くなります。期間限定と聞いていますので、見たい方はお早めに。

VABのドアは世界で一番大きいそうです。(建物右側、縦二本見えるのがロケットやシャトルを出し入れするドア)



宇宙飛行士を運ぶ車

発射台LC-39A
人類を月面着陸させたアポロを発射させたのはここ。その後はスペースシャトルと続きました。

LC-39Aのバックアップとして建てられたLC-39B。

観客席
席を獲得するのは抽選と聞きました。

ツアー中ワニを発見!

ツアーの最後はアポロ/サターン5・センターで降ろしてくれます。ここは自由行動。帰りたくなったらKSC Visitor Complexまで戻るバスに乗ります。

サターン5

カメラのレンズに納まらない・・・。

写真右上の白い三角のものがコマンドモジュール。右下の銀色もそうです。「カプセル」とも呼ばれますね。
その中のコクピットはこんな感じ。

行きたくなった方、ケネディ宇宙センターの観光の仕方を詳しく書かれたウェブサイトがあります。ぜひ参考にしてみて下さい。

宿

Hampton Inn - オーランドに着いた次の日にレンタカーしてKSCに行けばいいと思い、オーランド国際空港付近に滞在。
仕事の都合でホテルのFAXを何度も使わせてもらいましたが、ホテルの方は嫌な顔一つせず、とても親切に対応してくれました。

知っておくとお得かも・・・?

  • オーランドには8月と12月に訪れたことがあります。気候から考えると12月の方が過ごしやすいでしょう。虫に刺される心配もありません。11月末にあるアメリカの祝日、感謝祭の後から学校が冬休みに入る12月中旬を除けば混雑するおそれもないかと思います。
  • ただし、オーランドにあるディズニーワールドやハリウッドスタジオなどは7時という早い時間に閉園してしまいます。

失敗に学ぶ

ルームキーとスマートフォンを一緒に持たない:北米のホテルでは、クレジットカードの様なカードをルームキーとして使います。iPhoneとカードを一緒にバックのポケットに入れていたら、ルームキーが使えなくなりました。。。

おまけ

NASAが持っている宇宙センター(Space Center)は、フロリダ州オーランドにあるケネディとテキサス州ヒューストンにあるジョンソンと二つあります。
私の理解では、発射(Launch)はケネディ宇宙センターで行い、それまでの訓練や発射後、宇宙と連絡を取ったりするのはジョンソン宇宙センターらしいです。

アポロプログラムで聞くのはApollo 1から17。2、3、5がどうなっているのかよく分かりません。ツアーガイドさんによると、Apollo 1は最初は違う名前でした。事故で亡くなった宇宙飛行士達の遺族の方がApollo 1と名付けて欲しいとNASA申請し、後から付いた名前だそうです。「1とつけるなら、次は4と呼ぼう」といった感じになったのでしょうかね。
ちなみにKSCにあるのはApollo 14のみ。

映画で観る

  • 「アポロ13」(Apollo 13)
  • 「アルマゲドン」(Armageddon)
  • 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」(Transformers: Dark of the Moon):VABが撮影に使われました。

訪問日:2012年12月1日、2004年8月

0 件のコメント:

コメントを投稿