2013年10月19日土曜日

あれば便利!旅グッズ - 現地編

前回に続いて、あれば便利!(でもなくても全然平気)なグッズを、今回は旅先で使えそうなものに絞ってアップします。

防犯対応のバッグ
Pacsafeのバッグ。私が愛用しているのはCitySafe 200。中の物の取り出し易さから考えると、どうしてもショルダーバックにこだわります。
中にパスポート、スマートフォン、小さめのお財布を入れられる内ポケットあり。大き目の内ポケットには、iPadや小さめのノートパソコンが入る。必需品の他、ガイドブック、一眼レフカメラも入るほど容量たっぷり。サイドポケットは、折りたたみ傘と、ペットボトルがちょうど入る大きさ。
Pascafeは男性用のリュックも販売しています。


Crocs
旅行する時に限らず普段から愛用。ゴムでできているので、濡れてもふけばすぐに乾きます。
ビーチサンダルは他のメーカーさんのサンダルよりも底がしっかりしているのか、疲れにくいです。

スカーフ(綿が大目な)
女性用になってしまいますが、寒い時は暖をとるために首に巻いたり、日差しが強い時は頭に掛けたり。汚れても気兼ねせずに洗える綿がおすすめ。
その他、カメラのレンズをさっとふいたり、万が一怪我をした時の包帯代わりになるなど、使い道は色々ありそうです。

写真はBanana Republicより。





Ziploc(ジップロック)のバッグ
突然の雨で濡れてしまった服、乾かない水着など、意外と濡れたものをパッキングしなくてはいけない時がでてきます。スーパーのビニール袋では水漏れが心配・・・。そんな時に活躍してくれます。
あとは食べかけのパンやお菓子を入れたりもできますね。
使わなくてもかさばらないし軽いので、スーツケースに入れっぱなしにしています。

Swiss Armyのポケットナイフ
たくさん種類のあるスイスアーミーのナイフですが、左の写真くらいの機能があれば、十分だと思います。
写真の中で使ったことがあるのは、はさみ、ボトルオープナー、ワインオープナーです。
どれも小さいので使いにくさはありますが、三つとも役に立ってくれました。





ハンガー
長期旅行をする際の洗濯をする時に使えます。ホテルについているのだと数が足りなかったり、クローゼットからはずしたら、フックの部分がついてこなかったりするかもしれません。
クリーニング屋さんでもらったものを持って行けば、帰りは捨ててこれます。

お茶などのティーバッグ
日本のホテル、旅館では付いてきますが、海外のホテルに緑茶などのお茶が着いていることは、ほぼありません。
ホテルの水道水はおいしくないし、でもコーヒーと紅茶(たいてい米国・カナダでは部屋に付いている)は飲みたくない、という時に使えます。
夜リラックスするために、カモミールティーを持って行くこともあります。
あと、私はアメリカ・ユタ州でお湯だけを頼み(無料)、緑茶を自分で淹れたことがあります。お店の人は嫌がるどころかおもしろそうに見ていたので、ティーバックをプレゼントしてきました♪ 外国では話のネタにもなるかもしれないですね。
ちなみに熱湯でないと淹れにくいのは玄米茶、ウーロン茶でした。

使い捨てができるもの
ちょっともったいないな〜と思いつつ下記のものは現地に置いてきてしまします。
  • 化粧品、シャンプー・リンスーの試供品
  • 「もう捨てようかな」と思った衣類(パジャマ)、靴下、下着など
  • 日本のホテル、旅館でもらった歯ブラシ、くし、カミソリ、タオル、スリッパなど(特に日本国外へ行く時)
  • コンタクトレンズケース(眼科に行く度、コンタクトレンズを買う度にもらうので余っている)

0 件のコメント:

コメントを投稿