2013年8月3日土曜日

バンフ(カナディアン・ロッキー) / Banff (Canadian Rockies)

カルガリー(Calgary)から車で1~2時間ほどでアクセスできます。カナディアンロッキーにある国立公園はユネスコの世界遺産として登録されています。

みどころ

レイク・ルイーズ / Lake Louise
カナディアン・ロッキーといえば、ここは抑えておきたいところ。ぜひ晴れている日に行っていただきたい。バンフから車で30分~1時。
ティファニーカラーの湖に赤いボートっておしゃれ。

モレイン湖 / Moraine Lake


High 5! 

バンフ・ゴンドラ / Banff Gondola



Explore Rockies Toursでゴンドラとグレーシャーのツアーチケットを購入できます。
ゴンドラで着いた山頂・サルファー山(Sulphur Mountain)。


カナダで一番標高の高いところにあるスターバックス。

フェアモント・シャトー・レイク・ルイーズ / Fairmont Chateau Lake Louise
創業100年以上の歴史があって、絵葉書の絵にも使われるほどの有名なホテル。

FairmontのDining Roomでアフタヌーンティーを楽しみました。窓から湖を眺められるのですが、私が行った時は雨でした。残念!


アフタヌーンティーと言えどランチ分くらいの量があります(しかもシャンパン付き)。写真は二人分。おなか一杯になった時は残りを持ち帰ることもできます。そういう場合はスコーンなどの後で食べても味が変わらないものを残すと賢いかと思います。持ち帰りたいものがある場合は、"To go, please"とウェイターさんに伝えるだけでOK。


紅茶の種類はたくさんあるので、自分の飲みたい味(さっぱり系、フルーティー系など)をサーバーにリクエストするか、せっかくならSignature Blendをチョイスするのもいいですね。

Fairmontのアフタヌーンティーは人気があるので、予約をしていくことをオススメします。(電話番号:+1 (403) 522-1818
パーキングはホテルのセルフパーキングに停めて、食事をしたらホテルのチェックインカウンターでvalidateしてもらえました。

アッパー温泉 / Upper Hot Springs


日本でいう温泉のイメージからはかけ離れ、屋外プールの水がぬるま湯になった感じ。


向かって左側は深いので、気をつけて下さい。

水着、タオル、濡れたものを入れる袋などを持参しましょう。ない場合は水着とタオルをレンタルできます。あとはホテルのハンガーによくかかってるランドリー・バッグをビニール袋として使えそうです(空気穴が開いているのがほとんどなので、水漏れ注意ですが)。

大きめのロッカーを1.00 CADで使えます。$1コインを用意しておきましょう。

キャンモア / Canmore
Banffから車で25分Calgary側に行ったところにある街。アーティスティックでメインストリートを歩くのが楽しい。ロッキーの写真を置いたお店や、お土産屋さんもあります。


高さ150 cm位のなぞの彫刻。

Yummy(美味)!

カナディアン・ロッキーと言えばアルバータ牛。

杉乃屋 - 225 Banff Ave, Banff
アルバータ牛の日本食風にしたステーキ(ガーリックバター味)。日本のビールや梅酒などもありました。レストランは2階にあるので、この緑の看板を目印に。


Bumper's the Neef House - 537 Banff Ave, Banff
Rundle Stone Lodgeというホテルの中にあります。「地球の歩き方」に載っていたプライムリブの写真があまりにもおいしそうだったので試してみました。さすがステーキハウス!という味。サラダバーも付いてくるので、旅中不足しがちなお野菜を補充。

The Grizzly House - 207 Banff Ave, Banff
外観とバッファローのお肉があることにつられて。

バッファローのハンバーグをランチに。

後で知ったのですが、このレストランはフォンデュが有名ならしいです。


おみやげ

ロッキー・マウンテン・ソープ・カンパニー(Rocky Mountain Soap Company
自然の素材を使った手作りのスキンケアのお店。中でも人気は石けんで、重さによって値段が違い、一つ4.50 CAD~6.00 CADほど(写真手前)。ギフトに最適なミニ石けんもあります。(ミニ石けんはレジに置いてありました。)
石けんの他にはボディー・ローション、ボディー・バター(写真奥)、お風呂に入れる粉なども揃えられていました。
普通動物実験をしていない商品だと、そう書かれているだけなのですが、この会社は"Tested on owners, not animals" (動物じゃなくて私たちで実験したわ)とユーモアを見せる点も。
BanffとCanmoreにあります。

Fairmontの紅茶
General Storeなどのホテル内にある売店で売っています。
カナダらしいメープル味もあります。
アフタヌーン・ティーで飲んだSignature Blendはお土産用には売られていないそうです。








Roots
カジュアルな服で人気のRoots。バンフのロゴ入りグッズが置いてあります。
ショッピングバッグは再利用できるものをくれる。
上で紹介した杉乃屋のすぐそばにあります。





宿

Best Western Plus Pocaterra Inn
バンフの隣町、キャンモア(Canmore)にある。バンフから車で30分ほど離れていますが、バンフよりも安かったのが決め手でステイしました。
Best WesternでもPlusなので、設備は良かったです。洗面所が広く、部屋には電気暖炉がありました。
朝食ビュッフェ付き。







あれば便利!

  • 水着とビーチサンダル:温泉に行くなら。
  • 望遠レンズ付きカメラ:野生動物に遭遇したら。
  • 蚊とブヨ除けスプレー:あれば便利というより必需品。服の上からでも襲ってくるので、服を着る前に体全体にスプレーをかけるのと、手を洗った後などにも付けて下さい。
  • 刺された後の痒みどめ:スプレーをしても刺された場合、痒みどめの薬は"After Bite"といい薬局(Drug Store)やスーパーで簡単に手に入ります。

知っているとお得!・・・かも?

  • Lake LouiseからBanffへの帰り道に、フリーウェイを過ぎて少し行くと1Aという道が出てきます。この道路は森の中を抜けるようで、景色もよく気持ちいいドライブに。動物の出現率が高く、私が行った時は鹿をみかけました。
  • カナディアンロッキーで現金を使ったのは温泉のコインロッカーとホテルに残すチップだけ。あとはクレジットカード(Visa, MC)で過ごすことができました。大目の両替はしなくても大丈夫そうです。
  • JasperとBanffでレンタカー会社AVISのお店を見かけました。何かあった時に安心なので、レンタカー会社を選ぶ参考にしてください。
  • Information Centreでバンフ国立公園のスタンプを押せます。

訪問日:2013年7月8日~10日

0 件のコメント:

コメントを投稿