2013年7月13日土曜日

ナイアガラの滝(カナダ、米国)/ Niagara Falls (Canada, USA)

世界三大瀑布の一つ、ナイアガラの滝。カナダ側、アメリカ側と二つの滝があります。有名な方はカナダ側。


カナダ側。

アメリカ側。

夜のライトアップ(カナダ側)。

アトラクション

霧の乙女号 / Maid of Mist



霧の乙女号で滝のそばまで!


青いカッパを支給されますが、かなり濡れます。コンタクトを着けてる方、サングラス必須です。しぶきが目に入って、コンタクトが外れそうでした。携帯、カメラなどはかばんの中でもジップロックなどに入れておくと安心です。タオルがあると活躍するでしょう。

Niagara Falls State Park
アメリカに渡ってカナダ側、アメリカ側の滝のそばまで見れる公園。写真はカナダ側を見れるTerrapin Point Horseshoe Fallsで撮影。近くにお土産やさんとレストランがあります。


Cave of the Winds Tour
州立公園としては破格の$33.00もしますが、アメリカ側の滝のすぐ下に行けて、なかなか楽しいです。公園でサンダルを支給してくれます。

エレベーターで下に下り、

アメリカ滝の側まで。

足元びしょびしょ。短パン必須です。

Hurricane Deck



近くまで行くと、

上から見ると、


アメリカとカナダを結ぶ橋。


初めて徒歩で国境を渡りました。ちゃんと入国審査されますので、パスポートを忘れずに。


レストラン

Hardrock Cafe - Niagara Falls Canada:テーブル席を待つのに30分以上かかるので、バーで食事。
ハードロック・カフェロゴ付きのお土産も販売していました。

宿

部屋から両方の滝が見えるHilton Hotel and Suites Niagara Falls / Fallsviewに滞在。
Skylon Towerに行くくらいならそれより上の階の部屋に泊まってみたかったんです。朝と夜のナイアガラの景観が楽しめて、なんとも贅沢でした。
ホテルが広いので、ルームサービスのスピーディーさは望めませんが。





部屋からの眺め(逆光で見にくいですが)。


あれば便利!

  • タオル、ジップロック、ビニール袋。
  • 短パン:気温が許す限りオススメです。長いジーンズなどをはいていくと、濡れて重くなり、乾くのに時間がかかります。靴下なんか履いていたら濡れて気持ち悪いと思います。
  • 壊れても惜しくないデジタルカメラ。私のカメラは無事でしたが、連れの一眼レフカメラのストロボが開かなくなりました。
  • Crocs:滝のそばの地面はまるで雨が降った様。滑らない靴があると便利でしょう。
  • Niagara Falls State Parkで自分の靴を入れられる大きさのバッグ:自分の靴を入れるビニール袋を公園がくれるのですが、それを手に持って、カメラ撮影して・・・って結構疲れます。

知っておくとお得!・・・かも?

  • 気候から考えて7月~8月に訪れるのがベストでしょうが、7月の一週目はカナダと米国両方の祝日があるため、避けるべし。私は仕事の都合から一週目に行きましたが、どこも混んでて疲れました。Cave of the Winds Tourは2時間待ち。

訪問日:2009年7月4日~5日

0 件のコメント:

コメントを投稿