2013年7月14日日曜日

ジャスパー国立公園(カナディアン・ロッキー) / Jasper NP (Canadian Rockies)

1988年の冬季五輪があったカルガリー(Calgary)から車で5〜6時間ほどでアクセスできます。カナディアンロッキーにある国立公園はユネスコの世界遺産として登録されています。

バンクーバーから出ている列車(Rocky Mountaineer)に乗り、景観を楽しみながらJasperまで行く旅もありますが、私はLAからCalgaryへ直行し、レンタカーしました。

みどころ

コロンビア大氷原 / Columbia Icefield
カナディアン・ロッキーに来て、ここは外せません。


雪上車ツアービジターセンター(Columbia Icefield Discovery Centre)からバスツアーで行きます。ツアーの予約はExplore Rockies Activity Centreで、Banffのゴンドラと併せて購入しました。センターは93パクウェイ沿い、JasperとBanffの中間あたりにあります。行き方
晴れていると暖かいのですが、日陰に入ったり風が吹くと寒いので、パーカーなどの脱ぎ着しやすい服を持っていくことをオススメします。

専用のバス。バスの後ろは運転手から見えないので、行かないように。

溶け水はとても冷たい。上から流れている水なら飲んでも大丈夫。

センターにある王立カナダ騎馬警察(Royal Canadian Mounted Police)の制服を着たムースとブラックベア。

スピリット・アイランド / Spirit Island


マリーン湖(Maligne Lake)からでている往復90分のボートツアーで行けます。チケットは61.95 CADと高めですが、お天気がよければぜひ足を運んで欲しいところ。周りの山が見えないほど曇っていたら、行く価値はそんなにないかと・・・。ボートが着いた後の自由時間は10分だけ。できるならボートは入口近くに座るとよいでしょう。

ちなみに私たちは人混みを避ける為、反時計回りで行く道を、時計回りで進みました。

湖のそばにお土産やさんとレストランがあります。ここで湖を眺めながらランチをとるのも良さそう。


歴史的に価値があるらしいボートハウス。


マリーン渓谷 / Maligne Canyon


渓谷の横を下って行くトレイルで、橋が6つくらいあります。私が行った時は5番目の橋が閉まっていたので、4つ目の橋まで行って引き返してきました。写真を撮りながらで1時間ちょい。

ちょっと足をのばして

アサバスカ滝 / Athabasca Falls


自然が作り出した渓谷が今はトレイルに。


メディスン湖 / Medicine Lake

マリーン湖に行く途中ある。(注:蚊大量発生)

Tangle Creek

93パークウェイ沿いにあります。

すすり泣く壁/ Weeping Wall

93パークウェイ沿いの雪上車ツアービジターセンターからバンフ寄りにあります。

おまけ
ジャスパーにある駅のそばにあった機関車。

メインストリートにあるお土産やさんで、こんなかわいいくまがお出迎え。

Yummy(美味)!

カナディアン・ロッキーと言えばアルバータ牛。あとはエルク、バッファローなどの珍しいお肉も食べれます。

アルバータ牛のプライムリブ
写真はプライムリブをサンドウィッチにしたもの。ビラ・カルーゾ(Villa Caruso)のランチメニューで。ここのレストランのサンドイッチは美味。
エルク(Elk)のステーキ
味はやわらかい牛肉だけど脂身が少ないイメージ。フィドル・リバー(Fiddle River)の「今日のメニュー」で。

4人以上で行く場合や金・土の夜などは予約をあらかじめ取っておくとテーブルを待つ必要がなくなると思います。




ビール
カナディアン・ロッキーから採れる水で作ったビール、Jasper Brewing Co.で。
写真は6つの種類のビールを楽しめるサンプラー。
食事はまぁまぁの味。





おみやげ

アンモライト(Anmmolite)のアクセサリー
値段はピンからキリまでありますが、せっかくなら長く楽しめるゴールド系を選んでみてはどうしょうか。
Jasper、Lake Louise、Banffにあるお店を周ってみて、JasperのJasper Jewels & Philippeというお店がリーズナブルだと思いました。このお店のアクセサリーは、オーナーが二階で手作りしているそうです。私が行った時は、半額セールをしていました。


アイスワイン(Icewine)
Jasperのワイン屋さんによると、Inniskillinというメーカが人気だそう。大きさは200 mlか375 mlで、値段は20.00から75.00くらいがほとんど。50 mlのミニボトルもあるので味見か、お土産に最適。
白2種類(VidalとRiesling)、赤1種類(Cabernet Franc)。
ミニサイズや赤ワインはワイン屋さんにはあるのですが、スーパーや酒屋では見つかりにくかったです。
町にあるワイン屋さんとカルガリー空港にある免税店での値段はそんなに違いませんでした。



宿

Tonquin Inn - 100 Juniper St., Jasper
朝食なし。敷地内にレストラン付き。コーヒーメーカー、ミニ冷蔵庫付き。電子レンジはロビーにあります。アメニティーはシャンプー、リンス、ボディー・ローション付き。
部屋のグレードがたくさんあるので、インターネットで予約する時は気をつけて下さい。写真と実際予約した部屋が違ってしまうこともあるかも知れません。



あれば便利!

  • 蚊とブヨ除けスプレー:あれば便利というより必需品。服の上からでも襲ってくるので、服を着る前に体全体にスプレーをかけるのと、手を洗った後などにも付けて下さい。
  • 刺された後の痒みどめ:スプレーをしても刺された場合、痒みどめの薬は"After Bite"といい薬局(Drug Store)やスーパーで簡単に手に入ります。
  • 空きのペットボトル:Columbia Glacierで氷河の溶け水を試しに飲んでみたいなら。
  • 雨具:山の天気は変わり易いとよくいうもので、パラパラと小雨が午後3回くらい降りました(7月訪問)。

知っているとお得!・・・かも?

  • JasperとBanffでレンタカー会社AVISのお店を見かけました。何かあった時に安心なので、レンタカー会社を選ぶ参考にしてください。
  • Columbia Glacierのお水は冷たいうちに飲みましょう。ぬるくなってくると、とくにおいしくもないただの水になります。
  • アンモライトのアクセサリーを購入後、修理が必要になったら、まず購入した宝石店に問い合わせて下さい。アンモライトを扱えるジュエラー(宝石職人)が少ないことと、アンモライトが熱に弱いので、修理をする際に傷めてしまう恐れがあるそうです。
  • Columbia Icefiled Centreでジャスパー国立公園のスタンプを押せます。
  • 7月と言えど気温は10~15度で、乾燥しています。

訪問日:2013年7月3日~6日

0 件のコメント:

コメントを投稿