2013年7月28日日曜日

グレーシャー国立公園(カナディアン・ロッキー)/ Glacier NP (Canadian Rockies)

「地球の歩き方」には詳しく書かれていない、マイナー(なのかな?)な国立公園。

どうしても見たい景色があって、ハイレベルなハイキングにチャレンジ!

アボット・リッジ / Abbott Ridge


トレイルの情報(Abbott Ridge):片道6.8 km、標高差1029 m(1245-2274 m)。三度のおやつ休憩とたくさんの写真撮影をはさんで登り4.0時間、下り2.5時間。

まずはトレイルの情報を入手する為にInformation Centreへ。


公園とトレイルの地図をもらう。ロッキー全体的に道や場所の案内が分かりにくいので、地図の上に説明を書いてもらわないと、迷ってしまいます。

公園のトレイルをハイキングする時は、事前に情報を入手すべし。晴れていても前夜の雨でトレイルが川状態になっていたり、土砂崩れがあったり、後々命に関わるかもしれません。
私が行った時は途中のトレイルが雪に埋れ、すぐ横は崖っぷちだから危ないよ、と忠告を受けました。

途中の湖まで約2 km。急な坂がつづき、心拍数140を軽く超え2度も休憩をしました。

ショートカットを行きましょうという案内。遠回りをするトレイルは雪で閉鎖されていました。

ショートカットルートのトレイルの上にも雪が残っていて、ちょっと難攻。ここは度胸でズボズボ雪にはまりながら進みます。乾燥しているので、濡れてもすぐに乾くところが助かった。

やっと木が生息しない標高に。「開けた~」と思った途端、あの崖の上まで行くのかと思うと、ちょっと意気消沈。。。下ってくる人は「あともう少しよ!」なんて言ってくれるけど、ホントかな・・・。

まるで鏡のような雪解け水でできた水溜り。ところどころのトレイルは川になっていました。

めげずに崖を周るように登る。

やっと、「もうちょっと」らしき高さに、、、

なったと思ったら、甘かった・・・。雪でどこがトレイルなのかわからないので、先人の足跡を頼りに。

上から見るとこんな感じ。

遂に!トレイルの終わり。

小雨もなく、ハイキング日和に恵まれました。

iPhoneで撮ったパノラマ!ほぼ360度のロッキーと氷河の景色が広がります。

頂上で1時間休憩。ここで食べるバナナとカロリーメイトは一段とおいしく感じる。袋が気圧でパンパン!

この登山こそ、一生に一度で充分です。
翌日はバンフ温泉に1時間以上つかり、ひどくなりそうな筋肉痛を回避。

お食事処

マクドナルド
カナダのマクドナルドのロゴになんとメープルマークが!何気にカワイイ。
値段はちょっと高め。
Legendz
Travelodgeの人にすすめられたレストラン。1950年にできたらしい。さすが、Legendといわれるだけある。
映画"Back to the Future"を思わせる店内に、私一人で興奮。実はこの映画3シリーズも好きだし、アメリカの1960-70年代の雰囲気が好きです。ディスプレイにはカナダなのにルート66が(^ ^)。

シェフスペシャルサラダ。これで2人分くらいじゃないかと思うくらい大盛り。

宿

Travelodge:ゴールデン(Golden)という小さな町に滞在。モーテルの隣に公園があってのどか。リンスinシャンプーと固形石けん付き。Travelodgeには珍しく、果物、ワッフル、茹で卵などの充実した朝食込。バナナと卵を後のハイキングのおやつ用にいただく。


あれば便利!

  • トレッキングシューズ:足の負担を考えると、スニーカーだとキツイです。
  • ハイキング用の服:私はColumbiaのUVカット付きのものを使用。汗をかいてもベタつかず、使用感良かったです。チャックで半ズボンになったり、虫除け機能が付いたズボンもあります。Sport Chaletで購入。
  • 登山用の杖:登りよりも下りの時にあったらいいなぁと思いました。
  • リップクリーム:乾燥してるうえ、口で呼吸するので唇が乾きます。
  • 虫除け:おなじみの虫除けですが、ここは数時間に一度スプレーしないと蚊と他の虫が襲ってきます。
  • 入浴剤:バブなどの身体をほぐす効果のあるものがおすすめ。ハイキングの後に。
  • 切り傷に塗る薬:半そででハイキングをしたので腕にかすり傷が(泣)。消毒効果のある塗り薬があれば安心。

知っているとお得!・・・かも?

  • アメリカ、モンタナ州に同じ名前の国立公園があるので、検索する時は「Canada」「British Columbia」などのキーワードを足してあげるとよいでしょう。
  • アルバータ州のお隣、ブリティッシュ・コロンビア州にありますが、時間はバンクーバーではなくて、アルバータ州と同じ。
  • 公園の情報センターの中のトイレのすぐ外に、フィルターされたお水をもらえるので、水筒、ペットボトルがある人は水を調達することができます。
  • ハイキングに持って行った水の量は1.5 L。普段一日2 L近く飲むのでこれくらい持って行きましたが、後に残るぐらい余裕がありました。
  • ハイキングの下りは、安全な限り斜めか後ろ向きで下ると膝にかかる負担を和らげることができます。
  • Legendzのスープはおいしくない。日本人の口には合わないです。オーダーするなら無難な肉かサラダを。

旅にトラブルはつきもの

私の手は得体の知れない何者かに刺され、微妙に腫れてきました(向かって右の左手に注目)。運よくTravelodgeに看護師さんがいて診てもらったら、蜂に刺された症状に似ているということ。明日腫れが引いてくるはずと言ってくれたので、ハイキングへ!それにしても蜂に刺されたら痛いはずなのに、気づかなかった私はどれだけ鈍いのか・・・。看護士さんの教え通り、次の日から腫れが引きました。終わりよければすべてよし!

訪問日:2013年7月7日

0 件のコメント:

コメントを投稿