2013年7月28日日曜日

グレーシャー国立公園(カナディアン・ロッキー)/ Glacier NP (Canadian Rockies)

「地球の歩き方」には詳しく書かれていない、マイナー(なのかな?)な国立公園。

どうしても見たい景色があって、ハイレベルなハイキングにチャレンジ!

アボット・リッジ / Abbott Ridge


トレイルの情報(Abbott Ridge):片道6.8 km、標高差1029 m(1245-2274 m)。三度のおやつ休憩とたくさんの写真撮影をはさんで登り4.0時間、下り2.5時間。

まずはトレイルの情報を入手する為にInformation Centreへ。


公園とトレイルの地図をもらう。ロッキー全体的に道や場所の案内が分かりにくいので、地図の上に説明を書いてもらわないと、迷ってしまいます。

公園のトレイルをハイキングする時は、事前に情報を入手すべし。晴れていても前夜の雨でトレイルが川状態になっていたり、土砂崩れがあったり、後々命に関わるかもしれません。
私が行った時は途中のトレイルが雪に埋れ、すぐ横は崖っぷちだから危ないよ、と忠告を受けました。

途中の湖まで約2 km。急な坂がつづき、心拍数140を軽く超え2度も休憩をしました。

ショートカットを行きましょうという案内。遠回りをするトレイルは雪で閉鎖されていました。

ショートカットルートのトレイルの上にも雪が残っていて、ちょっと難攻。ここは度胸でズボズボ雪にはまりながら進みます。乾燥しているので、濡れてもすぐに乾くところが助かった。

やっと木が生息しない標高に。「開けた~」と思った途端、あの崖の上まで行くのかと思うと、ちょっと意気消沈。。。下ってくる人は「あともう少しよ!」なんて言ってくれるけど、ホントかな・・・。

まるで鏡のような雪解け水でできた水溜り。ところどころのトレイルは川になっていました。

めげずに崖を周るように登る。

やっと、「もうちょっと」らしき高さに、、、

なったと思ったら、甘かった・・・。雪でどこがトレイルなのかわからないので、先人の足跡を頼りに。

上から見るとこんな感じ。

遂に!トレイルの終わり。

小雨もなく、ハイキング日和に恵まれました。

iPhoneで撮ったパノラマ!ほぼ360度のロッキーと氷河の景色が広がります。

頂上で1時間休憩。ここで食べるバナナとカロリーメイトは一段とおいしく感じる。袋が気圧でパンパン!

この登山こそ、一生に一度で充分です。
翌日はバンフ温泉に1時間以上つかり、ひどくなりそうな筋肉痛を回避。

お食事処

マクドナルド
カナダのマクドナルドのロゴになんとメープルマークが!何気にカワイイ。
値段はちょっと高め。
Legendz
Travelodgeの人にすすめられたレストラン。1950年にできたらしい。さすが、Legendといわれるだけある。
映画"Back to the Future"を思わせる店内に、私一人で興奮。実はこの映画3シリーズも好きだし、アメリカの1960-70年代の雰囲気が好きです。ディスプレイにはカナダなのにルート66が(^ ^)。

シェフスペシャルサラダ。これで2人分くらいじゃないかと思うくらい大盛り。

宿

Travelodge:ゴールデン(Golden)という小さな町に滞在。モーテルの隣に公園があってのどか。リンスinシャンプーと固形石けん付き。Travelodgeには珍しく、果物、ワッフル、茹で卵などの充実した朝食込。バナナと卵を後のハイキングのおやつ用にいただく。


あれば便利!

  • トレッキングシューズ:足の負担を考えると、スニーカーだとキツイです。
  • ハイキング用の服:私はColumbiaのUVカット付きのものを使用。汗をかいてもベタつかず、使用感良かったです。チャックで半ズボンになったり、虫除け機能が付いたズボンもあります。Sport Chaletで購入。
  • 登山用の杖:登りよりも下りの時にあったらいいなぁと思いました。
  • リップクリーム:乾燥してるうえ、口で呼吸するので唇が乾きます。
  • 虫除け:おなじみの虫除けですが、ここは数時間に一度スプレーしないと蚊と他の虫が襲ってきます。
  • 入浴剤:バブなどの身体をほぐす効果のあるものがおすすめ。ハイキングの後に。
  • 切り傷に塗る薬:半そででハイキングをしたので腕にかすり傷が(泣)。消毒効果のある塗り薬があれば安心。

知っているとお得!・・・かも?

  • アメリカ、モンタナ州に同じ名前の国立公園があるので、検索する時は「Canada」「British Columbia」などのキーワードを足してあげるとよいでしょう。
  • アルバータ州のお隣、ブリティッシュ・コロンビア州にありますが、時間はバンクーバーではなくて、アルバータ州と同じ。
  • 公園の情報センターの中のトイレのすぐ外に、フィルターされたお水をもらえるので、水筒、ペットボトルがある人は水を調達することができます。
  • ハイキングに持って行った水の量は1.5 L。普段一日2 L近く飲むのでこれくらい持って行きましたが、後に残るぐらい余裕がありました。
  • ハイキングの下りは、安全な限り斜めか後ろ向きで下ると膝にかかる負担を和らげることができます。
  • Legendzのスープはおいしくない。日本人の口には合わないです。オーダーするなら無難な肉かサラダを。

旅にトラブルはつきもの

私の手は得体の知れない何者かに刺され、微妙に腫れてきました(向かって右の左手に注目)。運よくTravelodgeに看護師さんがいて診てもらったら、蜂に刺された症状に似ているということ。明日腫れが引いてくるはずと言ってくれたので、ハイキングへ!それにしても蜂に刺されたら痛いはずなのに、気づかなかった私はどれだけ鈍いのか・・・。看護士さんの教え通り、次の日から腫れが引きました。終わりよければすべてよし!

訪問日:2013年7月7日

2013年7月20日土曜日

ヨーホー国立公園と周辺(カナディアン・ロッキー)/ Yoho NP Area (Canadian Rockies)

カナディアン・ロッキーには湖がたくさんあって、見所満載。ヨーホー国立公園内のみどころと、周辺の湖をピックアップしました。

みどころ

ボウ湖 / Bow Lake


ロッキーに来て初めて見た湖なだけに、色の美しさに衝撃!この明るさで実は20時位。緯度の高い所に来ていることを実感しました。
道路から砂利道に伸びている道を下ると、ピクニックを湖畔のそばで楽しめる場所があります。

ペイトー湖 / Peyto Lake


一般車駐車場から10~15分上りのトレイルを歩いて展望台につけます。木々の中を歩くので、虫除け必須。この高さから見下ろせる湖はここくらいだったと思います。雲が湖面に映ってキレイ。

エメラルド湖 / Emerald Lake
ちょっと曇っていて、湖面の色の美しさを撮れませんでしたが、エメラルドと名が付いたくらいなので、晴れていたらきっとものすごいキレイなのでしょう。




先にはレストランと宿泊施設があります。


テラスでお食事もできるみたい。

ナチュラル・ブリッジ / Natural Bridge


「橋」といえど、実は真ん中に割れ目が?!個人的にはアサバスカ滝(「ジャスパー国立公園」で紹介しています。)の方が見ごたえ、聞きごたえがあると思いました。

ちょっと足をのばして

スパイラル・トンネル / Spiral Tunnels
カナダ1号線を93号線の分岐点から西に行ったところにある。


この山の中に線路を作ったこととそのカーブがすごい。


列車来ないかなぁ~とちょっと待ってみたけれど・・・、やはり人生そんなにうまくいかないですね。

訪問日:2013年7月3、6日

2013年7月14日日曜日

ジャスパー国立公園(カナディアン・ロッキー) / Jasper NP (Canadian Rockies)

1988年の冬季五輪があったカルガリー(Calgary)から車で5〜6時間ほどでアクセスできます。カナディアンロッキーにある国立公園はユネスコの世界遺産として登録されています。

バンクーバーから出ている列車(Rocky Mountaineer)に乗り、景観を楽しみながらJasperまで行く旅もありますが、私はLAからCalgaryへ直行し、レンタカーしました。

みどころ

コロンビア大氷原 / Columbia Icefield
カナディアン・ロッキーに来て、ここは外せません。


雪上車ツアービジターセンター(Columbia Icefield Discovery Centre)からバスツアーで行きます。ツアーの予約はExplore Rockies Activity Centreで、Banffのゴンドラと併せて購入しました。センターは93パクウェイ沿い、JasperとBanffの中間あたりにあります。行き方
晴れていると暖かいのですが、日陰に入ったり風が吹くと寒いので、パーカーなどの脱ぎ着しやすい服を持っていくことをオススメします。

専用のバス。バスの後ろは運転手から見えないので、行かないように。

溶け水はとても冷たい。上から流れている水なら飲んでも大丈夫。

センターにある王立カナダ騎馬警察(Royal Canadian Mounted Police)の制服を着たムースとブラックベア。

スピリット・アイランド / Spirit Island


マリーン湖(Maligne Lake)からでている往復90分のボートツアーで行けます。チケットは61.95 CADと高めですが、お天気がよければぜひ足を運んで欲しいところ。周りの山が見えないほど曇っていたら、行く価値はそんなにないかと・・・。ボートが着いた後の自由時間は10分だけ。できるならボートは入口近くに座るとよいでしょう。

ちなみに私たちは人混みを避ける為、反時計回りで行く道を、時計回りで進みました。

湖のそばにお土産やさんとレストランがあります。ここで湖を眺めながらランチをとるのも良さそう。


歴史的に価値があるらしいボートハウス。


マリーン渓谷 / Maligne Canyon


渓谷の横を下って行くトレイルで、橋が6つくらいあります。私が行った時は5番目の橋が閉まっていたので、4つ目の橋まで行って引き返してきました。写真を撮りながらで1時間ちょい。

ちょっと足をのばして

アサバスカ滝 / Athabasca Falls


自然が作り出した渓谷が今はトレイルに。


メディスン湖 / Medicine Lake

マリーン湖に行く途中ある。(注:蚊大量発生)

Tangle Creek

93パークウェイ沿いにあります。

すすり泣く壁/ Weeping Wall

93パークウェイ沿いの雪上車ツアービジターセンターからバンフ寄りにあります。

おまけ
ジャスパーにある駅のそばにあった機関車。

メインストリートにあるお土産やさんで、こんなかわいいくまがお出迎え。

Yummy(美味)!

カナディアン・ロッキーと言えばアルバータ牛。あとはエルク、バッファローなどの珍しいお肉も食べれます。

アルバータ牛のプライムリブ
写真はプライムリブをサンドウィッチにしたもの。ビラ・カルーゾ(Villa Caruso)のランチメニューで。ここのレストランのサンドイッチは美味。
エルク(Elk)のステーキ
味はやわらかい牛肉だけど脂身が少ないイメージ。フィドル・リバー(Fiddle River)の「今日のメニュー」で。

4人以上で行く場合や金・土の夜などは予約をあらかじめ取っておくとテーブルを待つ必要がなくなると思います。




ビール
カナディアン・ロッキーから採れる水で作ったビール、Jasper Brewing Co.で。
写真は6つの種類のビールを楽しめるサンプラー。
食事はまぁまぁの味。





おみやげ

アンモライト(Anmmolite)のアクセサリー
値段はピンからキリまでありますが、せっかくなら長く楽しめるゴールド系を選んでみてはどうしょうか。
Jasper、Lake Louise、Banffにあるお店を周ってみて、JasperのJasper Jewels & Philippeというお店がリーズナブルだと思いました。このお店のアクセサリーは、オーナーが二階で手作りしているそうです。私が行った時は、半額セールをしていました。


アイスワイン(Icewine)
Jasperのワイン屋さんによると、Inniskillinというメーカが人気だそう。大きさは200 mlか375 mlで、値段は20.00から75.00くらいがほとんど。50 mlのミニボトルもあるので味見か、お土産に最適。
白2種類(VidalとRiesling)、赤1種類(Cabernet Franc)。
ミニサイズや赤ワインはワイン屋さんにはあるのですが、スーパーや酒屋では見つかりにくかったです。
町にあるワイン屋さんとカルガリー空港にある免税店での値段はそんなに違いませんでした。



宿

Tonquin Inn - 100 Juniper St., Jasper
朝食なし。敷地内にレストラン付き。コーヒーメーカー、ミニ冷蔵庫付き。電子レンジはロビーにあります。アメニティーはシャンプー、リンス、ボディー・ローション付き。
部屋のグレードがたくさんあるので、インターネットで予約する時は気をつけて下さい。写真と実際予約した部屋が違ってしまうこともあるかも知れません。



あれば便利!

  • 蚊とブヨ除けスプレー:あれば便利というより必需品。服の上からでも襲ってくるので、服を着る前に体全体にスプレーをかけるのと、手を洗った後などにも付けて下さい。
  • 刺された後の痒みどめ:スプレーをしても刺された場合、痒みどめの薬は"After Bite"といい薬局(Drug Store)やスーパーで簡単に手に入ります。
  • 空きのペットボトル:Columbia Glacierで氷河の溶け水を試しに飲んでみたいなら。
  • 雨具:山の天気は変わり易いとよくいうもので、パラパラと小雨が午後3回くらい降りました(7月訪問)。

知っているとお得!・・・かも?

  • JasperとBanffでレンタカー会社AVISのお店を見かけました。何かあった時に安心なので、レンタカー会社を選ぶ参考にしてください。
  • Columbia Glacierのお水は冷たいうちに飲みましょう。ぬるくなってくると、とくにおいしくもないただの水になります。
  • アンモライトのアクセサリーを購入後、修理が必要になったら、まず購入した宝石店に問い合わせて下さい。アンモライトを扱えるジュエラー(宝石職人)が少ないことと、アンモライトが熱に弱いので、修理をする際に傷めてしまう恐れがあるそうです。
  • Columbia Icefiled Centreでジャスパー国立公園のスタンプを押せます。
  • 7月と言えど気温は10~15度で、乾燥しています。

訪問日:2013年7月3日~6日